crush*beat


日常と音楽と。
by crushbeat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

5/6 J 大阪

 ホテルを出発してからは、のんびり近鉄で移動。昨晩から移動中も、ずーっとKさんと語り合って、とりあえずJさんの体には幻の銀水晶が秘められてるんだよ!というのがひとつの収穫でした(ヲタでごめん)
 大阪・なんばに着いて駅ロッカーを探すけど、やはり最終日でもGW。空きがない…。仕方なくお昼ご飯を食べてから、Hatch内のロッカーに荷物を詰め込むことに。のんびり時間までと思い座り込んでたら追い出され(笑)仕方なく時間つぶしにぶらぶら。




 この日もあんまり開演時間に遅れはなかった模様。「定刻にスタートします」ってスタッフが言ってたっけ。
 本日のJさんは、青×黒のボーダーポロシャツだーvvかわいー(見慣れた?)
 そしてセトリは、今回ワンパターンしかないですね。変化ゼロ。でも全然OK。
 スタート時にてけてけっと走り込んできたJを見てKさん「何か変!」と叫びましたが、結局何がどう変に見えたんだろう(笑)あ、ポロシャツ??
「大阪は去年の夏以来だな!」だからどこでもそうだろー!!続くと反応せず笑うのみ。ごめんJ。
「約一年ぶり…って言っていいよな?」なんで聞くんですか(笑)
 Evoke~は昨年ツアーみたいに、最初のところはJさんシルエットになるようなライティングで、両手を広げてた。
 Endlessly~はお立ち台に乗ってイントロベースをガンガンに弾く。コレはカッコイイよねぇ。
 本日のJさん、やたらモニターに足かけるんですけど。MCしながらも足かけてるし、Endlessly~かな?では左右それぞれ、で乗せた足にベースのネックとかボディを乗っけてるしね。お立ち台にもよく立ったな。

「カモーンCB…」で始まるのはin the rain。
 Mirageかなぁ、なんか、ケモノが吼えてた。Jの、叫びが聞こえた。グンナイがすごく染みた。んで、ネックを滑る指が超エロかった(笑)
 グンナイ後のMCでフロアの反応がちょっと鈍かったら「good night染みちゃった?…ココで終わってもいいんだぜ?」それはダメー。
「ツアーも5本目!新潟からずっとまわってきたけど、今んとこ大阪が一番下だな」
 それに対してフロアから反撃の声。その一つに「え?なに??」と素で聞き返す(笑)
女子「負けへんで!!」
J「“負けへんで”?」
 ジェーーーさん、かーわーいーいーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!(大暴走)
「大阪はスロースターターだもんな、MASA?」
M「…そんなことねぇよな!!」

「前は2Fから2人落ちたし、もう3人は運ばれてたんだけど(笑)」
「足の2本や3本、折ってくれ!!」
「昨日も言ったけど、口開けてる奴の数と、声のデカさと合ってねぇんだよ!(笑)」
「そんな大阪の為に、皆殺しメニューを用意してるぜぇ」
 MC中にどこかで噛んだんだけど、そのあと吼えた時に巻き舌になりやがった。
 アルバムを「the(ジ)・ URGE」と言うのはやめてくれませんか…何で強調?えぇと、毎回基本的にMCの内容は一緒ですよ。大阪でも「人が話してるときはちゃんと聞きなさい」と怒られたけど、今回はあたしじゃないからねー(笑)

「最初はどうなることかと思ったけどなぁ、大阪ぁ、いい感じになってきたんじゃないのかぁ!」
 この日はね、「超ハッピーです」が出たよ(笑)
 スコットがドラムソロの後かな、スティックを2Fまで投げようと頑張ったんだけど、あとちょっとだったけど届かなかった~残念。

 そして問題のSo Highですよ。
 間奏で、Jが上手に行ったな~そういや上手に何かいるのかと思うほど、この日はそっちに行くことが多かったんだけど。なんかベース掲げて遊んでるな、あ、MASAだ~MASA~とJから目を離し、すぐにまたJを見ようと上手を振り向くと…

 あれ?Jさん消えた!?(笑)

 皆一生懸命下を見て探してる。考えられることはひとつ。
 ステージから降りやがった~!!!なかなか戻ってこないJ。だがしかし、ステージは演奏をどんどん進め、誰も戻ってくるまで伸ばす気ナシ(笑)「追いかけりゃ~」のとこ、まるまるヴォーカルなしだよ!
 やっと戻ってきたJだけど、その手にベースはございません。とりあえずローディーに視線で「早く持って来い!!」と合図しつつ唄うけど、なかなかベースはこない。唄も終わって手持ち無沙汰(笑・なんかかわいい)ほんとに終わる間際にベースが渡されて、最後の締めのみ弾けた(笑)
 てゆーか、ベースなくてもちゃんと曲は成立してるってどうよ~ぎゃっはっは。出てきたベースはパイロシール貼られたシルバーちゃん。でもラストのNew Worldはまたベース取り替えてたけどね。
 新世界は、これで遊び収めだ~と思っていつも以上にぐるぐる遊んだよ。すっげ楽しかったvv

 アンコールで出てきたJは、なんかたらたらと喋りながら左手をゆらゆらさせて、足をぺたーんぺたーんとたたいてた。なんつーかわいい仕草ですか…。
 あ、その前にまたフロアを左右にわけて煽り合戦だった(笑)最後全部で叫んでるとき、万歳三唱の気分になったんだけど。Jさんは煽りながら声が掠れて飛び気味…大丈夫か。
 スコットは「What's up!?」イエーってフロアと遊んでますが、その後ろで腰掛けてその様子をにっこぉーと笑顔で見つめるJが、、、ラブでした…。
 MASAは「今日、お母さんがきてます」2Fにお母様イター。「せーの、でおかーさーんって言って下さい!せーの!」客「おかーさーん!!」「生んでくれてありがとうございます!」
 そんなMASAだったけど、「このアタマで近所を歩くなって言われます…(ぼそっと)ウルセッ」
 そして、藤田さんのご登場。「このバンドの、、、母」母繋がりか!
 藤田さんはまたスコットと打ち合わせしたのか、フリに合わせてダン!ダン!と遊んでて、最後にスコットに「外タレか!外タレだ!!」のひとり突っ込み(笑)
 ラストにMASAが「ア″~、the URGE Mr. Fxxk'in URGE、ジェーーー!!!」
 Jはまた指2本ピース、で、間接曲げて、くいくいーっとするからマネしてみた。

 そして、アンコール1曲目のwalk alongにいくんだけれども。

「いつまでも、強く、誇り高く、生きていって下さい」

 って言ったはずなんだよ(苦笑)
 もう、そのJの言葉にもうじわりと涙腺やばくなって、そしてほんと、、、泣きそうだった。
 場所的にほぼJ前に居て、ちょうど背の低い人が前に多かったからJがきれいに見えたんだよ。そしたら、イントロ弾き終えたJはピックをぽとりと落とし、指で弦を弾いていて…間奏までそのまま、後はまたピックを掴んで弾いてたのね。そして声を振り絞って唄う姿と、歌詞とメロディと…。
 ちょうど、仕事のことで悩んでたせいもあるんだろうな。号泣せずに踏みとどまれたのは頑張ったな(でも帰りの車内で号泣・笑)
 しかも気のせいなのは百も承知だけど、そんな↑のMCのとき、こっち見ててくれた気がするんだ。なんか、Jに見透かされてるような。ほんと、かなわないや。

「GWも最終日です、が。俺たちのGWはまだまだ続きます!」
 ツアーファイナル渋公、CCレモンホール。でっかいレモンを見に来て下さいと。都民認めてねーから、とまた言ってたね。
「まだツアーは続きます!たまには何もかもぶっちぎって(笑)大阪からも遊びに来てくれよ!」
 いやすでにぶっちぎってますから…イロイロ!!
「もっと心の炎を燃え上がらせてくれ!」でFeel~ですよ~燃えますよ~。
「まだ聞きたいか!まだ聞きたいか!!大阪、ヤローはいるか!ガチで勝負だ、ヤローは脱げ!!」
MASA「親に見せられないカッコになれ!」Jに対して無駄に「脱~げ、脱~げ」とコールしたんだけど。Jさんまたぐるりと脱いだ~MASAもいつの間にか脱いでる!
 そんなステージ上で、藤田さんが何やらもぞもぞと…脱ごうとしてる!脱ぐフリしてるよ!J気付いてあげて!の一部の叫びもむなしく、J気付かなかった…そして藤田さん脱がず。
「全部焼き尽くしてくれ!BURN OUT!!!」
 Jは男にはしきりに脱げの合図を送り、脱いだシャツを振り回せ!と指示。もうなんか、ぐっちゃぐちゃ~これで女子も脱いだら軽犯罪ですかね(笑)次からは水着着用か!?

「大阪、また近いうちに会おうぜ。それまでお前ら、絶対、何があっても、、くたばんじゃねぇぞ!!!」

 そんな感じで春ツ前半終了。あたしもここで一旦終了。
 ほんとに、マジで楽しかった、大阪ほんとにありがとう!!ゆっくりする間もなく、電車の時間が迫ってたのでドリンク券は泣く泣く捨ててダッシュで帰ったよ。
 渋公まで空くのが淋しい(とか言ってられないんだけどね)し、どうにも暴走してるのでぶっちぎって30日も行こう!と思い始めた夜でした。
 以上です、ありがとうございました~。
[PR]
by crushbeat | 2007-05-12 01:12 | LIVE